_Leave_Home_

音楽、クルマなど好きなコト、モノについて書いたブログです。

次期クルマ選びについて考えてみる(2021/4)

次期クルマ選びについて考えてみました。

前回の記事から3か月経ちました。

今回は日本で新型パサートが発売されたので試乗するための訪問です。しかし今回は新型パサートよりも新型ティグアンに惹かれる結果となりました。ほぼほぼアウディに傾いていた気持ちが少しVW戻ったのです。。。

前回の記事はコチラ↓

前回の候補車

Audi A4 45 TFSI quattro S line
Audi S4 (B9.5)

新型パサート試乗

2019年夏にドイツで登場したパサートがようやく日本でも発売になりました。相変わらずの遅さです。アウディA4が発表される前はパサートオールトラックが候補だったのですが、どうせオールトラックの日本導入はマイナーチェンジ前と同様に遅いんだろうなと思ってました。しかし今回、マイナーチェンジ版オールトラックの発表も他のグレードと同時発表です。

展示車はヴァリアント。ほとんど変わってませんが、フロントグリルやバンパーが最近のVWのデザインに寄りました。コンセプトはキープしつつもちゃんとフェイスリフトと思わせるデザインは流石VWですね。エンブレムも立体から2Dへと変更されています。f:id:takabosejp:20210423143230j:plain

試乗車はパサートセダンTDIでした。尚、ガソリンエンジンは1.5Lのみで2.0Lの設定はありません。

TDIエンジン
 排気量:1968cc
 出力 :190PS
 トルク:400NM
 トランスミッション:7速DSG

走りはというと2.0L TDIですので走り出しは力強い。ディーゼルパワーを感じます。
ディーゼル特有の音は車内に入ってくる印象です。しかし何より運転がしやすい。私がTIGUANに乗っていることもありますが、何の違和感も無く運転できます。ここもVWの凄いところだと感じました。逆に言うと新鮮味が無いって事になっちゃいますが。f:id:takabosejp:20210423174704j:plain

リアの車名も最近のVWらしく、バッジタイプからエンブレム下に1文字ずつ配置する形になっています。f:id:takabosejp:20210423175349j:plain

インテリアはTiguanより上のクルマだけあって高級感あります。目を引くのはウッドパネル。ナビも大きくて見やすい。アナログ時計がハザードボタンになってしまったのは残念。
そしてエアコン操作のボタンも無くなりました。ほとんどタッチ操作です。エアコンの温度調整はダイヤルのほうが操作性は良いです。

Apple CarPlayIphoneと連動してナビ操作できるのは超便利でした。f:id:takabosejp:20210423175557j:plain

新型ティグアンにRが登場!

試乗中に担当セールスに「そういえばティグアンも出るんすよね?」と聞いたところ、来月出ます!とのお返事。

ええええ!なぜかティグアンの導入は早い!

2020年の夏に本国で発売となった新型ティグアンですが、もう日本に入ってくるようです。とっくに本国で発売されている新型ゴルフ8と新型パサートの遅れはなんだったのか?いつもこのスピード感で日本発売してくれればいいのに・・・。

そしてもう一つのサプライズ。Tiguan Rが日本導入される!!
これは驚きました。これを聞いた途端パサートが脳内から消えかけています笑

内部資料をこっそり見せていただいたのですが、ゴルフRやアウディS3にも採用されているEA888型2.0L4気筒ターボを積んでいて
エンジン出力320PS。
0-100km/hの加速が4.9s。

控えめに言って化け物です。
タイヤサイズも255/35R21とのことで、タイヤ代だけで車検1回分飛んで行く勢い。もう見積もりの可能なようで、サクッと見積もってもらったら余裕の700万円オーバー!これもうトゥアレグ買えるじゃんレベル。

ティグアンの他のグレードはというと、最初はガソリンエンジンのみとのことで1.5LのFFだけとなります。後々2.0LのTDI 4WDは入ってくると思われますが、Tiguan Rを見てしまった以上、他のグレードは頭に入りませんでした。

現在の候補車

Audi S4 (B9.5) 
Audi A4 45 TFSI quattro S line(B9.5) 
③Tiguan R

ということで約10ヶ月ぶりにVWが候補に戻ってきました。
Tiguan Rの本体価格はパサートオールトラックの一番高いグレード「Advance」よりプラス100万円なので、この価格差でこのスペックのティグアンが購入できるのは正直アリ。

でもTiguan RとAudi A4 45 TFSI quattro S line(OP込でも)はほとんど価格差は無し。
Tiguan Rの255/35R21というタイヤサイズは果たして価格や乗り心地含めて現実的なのか。。。それを考えてしまうとTiguan RよりA4 45TSFI。

そしてやっぱりS4のV型6気筒エンジンに惹かれる。S4なら新車は無理なので、自分好みの認定中古車が出てくるかは運ですけどね。

クルマ選びはまだまだ続く・・・。

 

【リプレース】通勤用カバン ミステリーランチからマムートへ

通勤用カバンをマムートへリプレースしました。 

約3年前、通勤用カバンとしてミステリーランチ「3WAY」を購入した事を記事にしましたが、今回新しい通勤カバンを購入しました。

3年前の記事はコチラ↓↓

新しく買ったカバンはマムートの「Seon Transporter 25」

買い替えた理由。

3年間「3WAY」をほぼ毎日使用しましたが、壊れたり消耗したわけではありません。強いて言うなら「3WAY」より”使い勝手の良さそうなカバンを発見したから”です。

「3WAY」の使い勝手が良くないのはどこ?というと。。。

①「3WAY」が横型カバンゆえの不便さ。
「3WAY」はその名の通り3つの使い方ができますが横型のカバンです。
まずバックパックとして使用していたのでショルダーストラップは1度も使いませんでした。
「3WAY」は完全な直方体では無いし、横型のカバンをバックパックとして使用すると重い荷物を入れた時に下にダラッとカバンが下がるので、それに違和感を感じました。拡張すると尚更。そして立ててバックパックとして使用する時に、電車の中で背中から降ろして手で持とうとしても持つところが無いんですよね。それが何気に不便。

②「3WAY」の間仕切りが使いにくい。
仕切りがたくさんあるのがミステリーランチの特徴でもあり長所ですが、逆に仕切りが邪魔をして荷物を入れにくいと思う事が多々ありました。正面のポケットは防犯上の理由(簡単に開きすぎる)もあって全然使用しませんでした。↓この仕切りですね。f:id:takabosejp:20190902120204j:plain

購入したのはマムートの「Seon Transporter 25」

「Seon Transporter 25」を知ったのはSNSの広告です。何気にSNSを見ていたらマムートの広告が入り、この「Seon Transporter 25」が掲載されてました。いやー、広告をバカにできないですね。普段は広告邪魔だなーと思うばかりですが、今回ばかりは広告にやられました。

いろいろ調べていくと「Seon Transporter 25」モデルチェンジされたばかりのようですね。3WAYの記事にも書いたように求める条件は以前と変わっていません。

①リュックにも手提げカバンにもなる。
②通勤で使うからには客先に行っても問題なさそうなカバン。
③1泊2日くらいの出張にも対応できる容量。
④できればミステリーランチ。

①は問題なし。②も黒一色だしシンプルだし問題なし。②25Lなので問題なし。④”できれば”なので無ければしょうがない!ヨシ!

さらに3WAYで不満だった使い勝手も「Seon Transporter 25」なら解消されると考えました。

「3WAY」と「Seon Transporter 25」の比較。

てなわけで買ってしまいました。
それにしてもこの「Seon Transporter 25」、よく売れてるみたいです。マムートを取り扱っている大きいお店に行きましたが、1店目は売り切れで2店目も展示品しか無い状態でした。店員さん曰く先代の「Seon Transporter」は26Lで、アジア人には大き過ぎて”もう少し小さいのを!”と要望を出しておりようやく要望が通ったとの事。f:id:takabosejp:20210423001003j:plain

3WAYに比べると一回り大きいです。3WAYほど凝ってはいませんが正面にも収納があります。f:id:takabosejp:20210423001339j:plain

横から見ると「Seon Transporter 25」は直方体であることが分かります。ちゃんと自立しますからね。厚さは「3WAY」のほうがありますね。f:id:takabosejp:20210423001626j:plain

分かりにくいですが外側に「CLIMB」、背中側に「WORK」と書かれています。
「CLIMB」はクライミングギアを収納するそうです。私はクライミングは一切やりませんが、スイス人は仕事帰りにクライミングやりに行くのか??f:id:takabosejp:20210423002015j:plain

「WORK」コンパートメントを開けたところ。
ラップトップを入れるところにはラップトップの絵のタグ、タブレットを入れるところにはタブレットの絵のタグが付いています。
マチはあまりありませんがちょっとした書類は入るし、13.3型の少し厚いdynabookもちゃんと入りましたよ♪f:id:takabosejp:20210423002348j:plain

「CLIMB」コンパートメントを開けたところ。
スーツケースのようにガバッっと開くところは良いですね。3WAYのように拡張はできませんが、1泊2日なら余裕でしょう。蓋側にはジッパー付きのネットも付いています。f:id:takabosejp:20210423002848j:plain

ココはクライミング用のシューズを入れるところらしいです。私はパンツ入れにします。他に間仕切りは無いので私のようにガサツに荷物を入れたい方はおすすめです。f:id:takabosejp:20210423003251j:plain

最後に上部にある小物入れ。
ここは細かく仕切られていてスマートフォン、長財布も入るし貴重品用のフックも付いています。ちゃんと取っ手もあります。f:id:takabosejp:20210423003700j:plain

その他比較まとめ。

軽さ・・・「Seon Transporter 25」に軍配! 
「Seon Transporter 25」はとにかく軽いです 。メーカHPの情報ですとほんの200gの差ですが、持ってみると軽さが分かります。f:id:takabosejp:20210423003513j:plain

ディティール・・・「3WAY」に軍配!
細かい部分は「3WAY」に軍配です。「3WAY」はすべてのジッパータブにコードが付いていますしジッパータブも大きい。止水ジッパーだし、どちら側でも開閉できるダブルジッパー。
「Seon Transporter 25」のジッパーは小さいですし、ダブルジッパーは一部のみです。バックパックハーネスも「Seon Transporter 25」はなんだか頼りない。でも「Seon Transporter 25」はキャリーバックのハンドルに通すベルトが付いていたりと、旅行に持っていくようにも考えられています。

価格・・・「Seon Transporter 25」に軍配! 
「Seon Transporter 25」は税込み19800円。「3WAY」は税込み25300円となっています。ミステリーランチはどんどん価格が上がっている気がします。

2週間ほど「Seon Transporter 25」を使ってみましたが、3WAYの不満を見事に解消してくれています。これで3WAYの出番は無くなりそうです。
しかし3年使用して破損や消耗が無かったミステリーランチも流石と言えます。果たして「Seon Transporter 25」は3年使用できるのか??これから使っていきたいと思います。

【購入】MADE IN ENGLAND ジョセフチーニーアルフレッド【2足目】

【MADE IN ENGLAND】JOSEPH CHEANEYの革靴をまた購入しました。

昨年の9月にウィルフレッドを買い、すっかり気に入ってしまった私は約半年ぶりにアルフレッドを購入しました。ウィルフレッドを買ったときから次はアルフレッドを買おうと思っていたので予定通りといえば予定通り。

ウィルフレッド購入時のブログはコチラ↓↓↓

 

セールは突然やってくる。

去年からこれまでセールはあったのですが一部の商品のみのセールだったので、革靴が全品20%OFFになるのは半年ぶりです。

f:id:takabosejp:20210418004629p:plain

ルフレッドが20%OFFの€253.33で前回のウィルフレッド購入時と同じ価格ですが、半年前より円安になってしまったので前回より5000円くらい多めに払う事になりました。といっても日本で買えば78000円ですから、関税を入れても十分お得に買えます。

f:id:takabosejp:20210418004651p:plain

 

【掛かった費用】
 商品代+輸送費:43,297円(当時のレート換算)
 関税:6,500円
 --------------
 合計:49,797円


今回、関税の支払いはネットでの支払い案内がきたので事前にネット支払いをし、荷物はDHLのサービスセンター止めにして、こちらから荷物を引き取りに行きました。そのおかげで注文から1週間もかからずに商品を手にすることができましたよ。

 

ルフレッド外観。

ラスト125は丸みのあるトゥが良いですね。綺麗なデザインです。ドレスシューズとして活躍しそうです。f:id:takabosejp:20210418010805j:plain

ルフレッドとウィルフレッドのラストは同じなのでサイズは同じUK7としましたが、今回買ったアルフレッドはウィズをGにしてみました。
理由はウィルフレッドを長く履いてると小指が痛くなってくるから。ウィルフレッドもまだまだ十分履いているとは言えないので革がもっと馴染んでくれば痛くならないのかもしれませんが、ウィズの違いを確認したかったのも理由の一つです。f:id:takabosejp:20210418010808j:plain

ルフレッドとウィルフレッド比較。

左がアルフレッド、右がウィルフレッドです。
ルフレッドのほうがウィズが広いですが、見た目では違いがまったく分かりません。
f:id:takabosejp:20210418011940j:plain

アップにしてみたけど全然わからない。トゥや甲の周りをメジャーで測ったりしてみましたけど正確に測るのが難しかったので途中であきらめました。f:id:takabosejp:20210418012030j:plain

唯一見た目で違いが分かったのが踵の部分。f:id:takabosejp:20210418012010j:plain

外に出てある程度歩いてみないと違いはわからなさそう。

ドレスシューズとして履くために買ったのでウィルフレッドよりは出番はないかな?
メンテナンスしながら大事に履こうと思います。

 

【購入】MADE IN ENGLAND フレッドペリーポロシャツ

夏に向けてポロシャツ購入!英国製FRED PERRY

ポロシャツといえばフレッドペリーですね。いままで夏はライブやフェスで買ったTシャツばかり着ていたので、1万円以上するポロシャツを買うのは初めてです。  

イギリスのミュージシャン御用達

フレッドペリーってイギリスのブランドだけあってイギリスのミュージシャンは結構着てます。やっぱり好きなミュージシャンが着てると欲しくなっちゃうのが人の性。少しご紹介。

またまたプロディジーのリアムハウレット。
この人には何着せても似合う。昔はB-BOYみたいな恰好してたけど、歳を重ねてからは黒を基調としたファッションが多いですね。

f:id:takabosejp:20210417233507j:plain

https://www.stuff.co.nz/entertainment/music/111055796/keith-flints-second-life-as-a-country-pub-landlord--complete-with-firestarter-fine-jar

続いてブラーのデーモンアルバーン。
デーモンアルバーンは本当によく着ている。そのせいか今フレッドペリーのホームページを見るとゴリラズともコラボしてます。

f:id:takabosejp:20210417234353j:plain

https://www.express.co.uk/celebrity-news/177363/Gorillaz-replace-U2-at-Glastonbury


この他にもUKならオアシス、ポールウェラースペシャルズ、USならドロップキックマーフィーズとか。やっぱりUKが圧倒的に多い。

購入したポロシャツ

フレッドペリーで一番トラディショナル(と思う)なMade In Englandのポロシャツ一択です。シャツの色は黒でラインの色は赤/白か金で悩みましたが、赤/白をチョイス。f:id:takabosejp:20210418000444j:plain

サイズは38。S/M/LでいうとMサイズだそうです。
インナーシャツを着れば試着OKとのことでしたので、試着させてもらいました。結果38でドンピシャリ!ダボダボに来たくなかったので、サイズが大き過ぎないようにだけ気にしていました。タグにちゃんとMade In Englandと書かれています。 f:id:takabosejp:20210418000448j:plain

Made In Englandですが、実際の品質はどうなんでしょう。日本製には敵わないと思いますが、やっぱりMade In Englandの方が受けは良さそうな気がします。

もう少し暑くなったら着る予定ですが、気に入ったらもう1着くらい買っちゃうかも。

 

【Audi A4に追加モデル】次期クルマ選びについて考えてみる(2021/1)

Audi A4にディーゼルモデルが追加されました。

昨年10月に新型audi A4が発表され、先日ディーゼルモデルも発表されました。
まだA4熱は冷めていないので今の雑感を書いてみます。

前回の記事はコチラ↓

35TDIと40TDI quattroが追加に

ついにA4にディーゼルモデルが追加されました。赤字が追加されたモデルです。30TDIと40TDIを予想していましたが、35TDIと40TDIが追加されガソリンエンジンの中間を埋めるラインナップになりましたね。予想通り45TDI以上は導入無しです。というかA4に45TDIの設定は本国でも無かった・・・。

Audi A4 35 TFSI
Audi A4 35 TFSI advanced
Audi A4 35 TFSI S line
Audi A4 35 TDI  advanced
Audi A4 35 TDI  S line
Audi A4 40 TDI  quattro advanced
Audi A4 40 TDI  quattro S line
Audi A4 45 TFSI quattro advanced
Audi A4 45 TFSI quattro S line
Audi S4

エンジンだけ見るとこんな感じ。さすがディーゼルだけあってトルクは太い。

35 TDI
最高出力 (kW(PS)/rpm)    ---> 120(163) /3,250-4,200
最大トルク(Nm(kgm)/rpm) ---> 380(38.7)/1,500-2,750

40 TDI
最高出力 (kW(PS)/rpm)    ---> 140(190) /3,800-4,200
最大トルク(Nm(kgm)/rpm) ---> 400(40.8)/1,750-3,000

35 TFSI
最高出力 (kW(PS)/rpm)    ---> 110(150) /3,900-6,000
最大トルク(Nm(kgm)/rpm) ---> 270(27.5)/1,350-3,900

45 TFSI 
最高出力 (kW(PS)/rpm)    ---> 183(249) /5,000-6,000
最大トルク(Nm(kgm)/rpm) ---> 370(37.7)/1,600-4,500

40TDI quattroには機械式センターディファレンシャルを搭載(!)

この文面を見た時一瞬目を疑ったし、今回の発表で一番驚いた部分です。

40TDIは、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発揮。トランスミッションは同じく7速Sトロニックを組み合わせ、駆動方式は機械式センターディファレンシャルを搭載したquattro四輪駆動システムを採用することで、ダイナミックな走行性能を実現しています。このもっともパワフルな2リッターディーゼルエンジンである40TDIを搭載したA4セダンの0-100km/h加速は7.7秒、最高速度は241km/hに到達します(欧州仕様車 測定値)。

出典:https://www.audi-press.jp/press-releases/2021/b7rqqm0000014rr7.html

紛れもなく 「機械式センターディファレンシャルを搭載」と書かれています。

2020年7月の記事で
トランスミッションがSトロニックであれば、「AWDクラッチ」と呼ばれる油圧多板クラッチが採用されている。」

と書きましたが、必ずしもSトロニック搭載車には「AWDクラッチ」が採用されるわけではない事を思い知らされました・・・。

改めてドイツ本国のサイトを見ると、45TFSI/40TDIのSトロニックはAWDクラッチを採用、A6に採用されている45TDIはSトロニックでも機械式デフを採用しているので、トランスミッションでクアトロの種類が決まるという事は無さそうです。日本では40TDIに機械式デフを採用しているので、お国柄に合わせた組み合わせにしている、または各国のインポーターが市場を見て本国に要求していると思われます。

尚、2020年モデルと2021年モデルの変更点としてフラットボトムステアリングが無くなっていました。
↓↓2020年モデルのカタログより(A4 45TFSI)

f:id:takabosejp:20210117002557p:plain

↓↓2021年モデルのカタログより(A4 45TFSI)

f:id:takabosejp:20210117002600p:plain

フラットボトムステアリングが標準装備だったS4も、A4 45TFSIと同じステアリングになっています。個人的にちょっと残念。
しかしアウディってランバーサポートはオプションなの?
我がティグアンは普通にランバーサポートを調整するレバーが1本付いているのでドイツ車なら当たり前に付いているもんだと思ってました。ランバーサポートが無いのはかなりキツい。

価格差

Audi A4 40 TDI  quattro S line ¥6,120,000
Audi A4 45 TFSI quattro S line ¥6,270,000

40TDIのほうが15万円安くなっています。
ドイツでも40TDIと45TFSIとの価格差は1000ユーロ程なので日本とさほど変わらないのですが、日本の40TDIは機械式デフを採用しているので40TDIはもう少し高くなると思っていました。というか、AWDクラッチより機械式デフのほうがコストが掛かっていると勝手に思ってますが実際のところはどうなんでしょう。

車体価格では15万円の差ですが、ディーゼルは減税が大きいようなので乗り出し価格ではもっと差が出るような気がします。

今後の検討材料

A4 or S4 
V6エンジン良いなぁ。V6に乗りたいぞ。

45TFSI or 40TDI
40TDIに機械式デフが採用されたのは私にとって大きな魅力でしたが、一応S4も検討している私にとってはエンジンのパワーが大きいほうに魅力を感じます。機械式デフといっても、ド素人の私が機械式デフとAWDクラッチの違いを感じられるなんて1mmも思っていませんし。(でも本音は機械式デフがいいな笑。)
やはり40TDIと45TSFIだったら45TFSIかなー。

数字上同じエンジン出力のパサートオールトラックTDIに試乗した時は、走りだしのモッサリ感が気になったのでアウディではどうなのか気になるところです。

クルマ選びはまだまだ続く・・・。

 

【2020年】買ってよかったもの5選

【2020年】買ってよかったもの5選

早いもので2020年も残りわずか。
今年は外出できなかった分、街中での買い物が多かった気がします。数多く買ったわけではありませんが単価はちょっと高め?

2020年に買ってよかったものを紹介します。 

①ジョセフチーニーの革靴

ブログで記事にしたチーニーの革靴。
履き始めはかかとの皮がズル剥けし激痛のまま帰宅したことも。それからいろいろ調整をして皮が剥けることは無くなったけど、時間が経つと小指は痛くなるのでまだまだ履きならしが必要そうです。ウィズはFじゃなくてGが正解だったかもしれない。これもまた勉強です。

週末に履くくらいだけど良い革靴を履くと気分が変わる。このウィルフレッドはカジュアルでもビジネスでも履ける万能な革靴ですね。一家に1足あっても良いくらいです。

 

ゼンハイザーのワイヤレスイヤホン

ブログで記事にしたゼンハイザーのワイヤレスイヤホン。
BOSEのワイヤレスヘッドホンと共に外出時になくてはならないものになってしまった。音質/デザイン/機能ともに言うことなしです。もう有線には戻れない。

 

BEAMSのストレッチテーパードチノパン

2020年というより何年も前から愛用しているのがBEAMSのテーパードチノパン。
私はMサイズ着用ですが素晴らしいのは私の場合裾上げしなくていいんですよね。試着せずに買えるっていうのは楽です。私はジーンズが苦手なので、このチノパンに出会ってからはこれしか履いていません。年中履いていて消耗は早いので毎年1本は買ってます。

ネックなのは少々高いところ。もう少し安くなれば嬉しいのだけど・・・。
お正月のセールで安くならないかしら。

 

④アクア ディ パルマの香水

この歳になって初めて自分で買った香水。アクアディパルマというイタリアのブランドです。BLU MEDITERRANEOシリーズは全部試してみたんですが香水にありがちな甘すぎてどぎつい感じがまったくありません。

お会計の時に店員さんが「どの香りをつけましょうか?」と包装紙にまで香りを付けてくれました。そういうサービスはいかにも香水屋さんっぽくて新鮮でした。おまけも貰いましたよ♪f:id:takabosejp:20201228171118j:plain

私的に特に良かったベルガモットとアランチャを購入。この2つは柑橘系の超さわやか香水です。さっそくトラディショナルウェザーウェアのマフラーに付けまくっている笑。f:id:takabosejp:20201228144330j:plain

 

⑤トラディショナルウェザーウェアのコート&マフラー

アクアスキュータムを買ってバルマカーンコート購入をやめたわけではありません。

・通勤時でもオフでもガシガシ使えるシンプルなバルマカーンコートが欲しい。
・ゴム引きじゃなくても10万を超えるマッキントッシュはさすがにもったいない。

そんな中見つけたのがトラディショナルウェザーウェア。

マッキントッシュのカジュアルラインとして展開しているブランドですが、本家マッキントッシュも八木通商に買い取られているしトラディショナルウェザーウェアも日本にしかないようで、実質日本のブランドですね。

購入したのはSELBY(セルビー)というコート。SELBYでも種類がいろいろあるのですが、STORMSEALが施されているものを購入。

STOTMSEAL
Traditional WeatherwearのファミリーブランドMACKINTOSHの起源であるゴム引きコートのディテールをなぞりながら、クラシックでトレンド感のある色彩で誕生したシリーズ。
高度な透湿防水性・防風機能を備えた三層構造の特別なマテリアルを使用しています。
袖口と裾にはゴム引きコートのラバーテープのようにサテンテープを熱圧着し、素材の強度が増すだけでなく、リズミカルなアクセントに。
コートはステッチからの水の侵入を防ぐシームテープも施されており、MACKINTOSH社の伝統を体感いただけるシリーズです。

出典:https://www.tww-uk.com/item/detail/1_1_G202APFCO0021BL_1/2

カジュアルラインといえどマッキンの血は引いているようなので、ところどころ本家マッキントッシュっぽい?ディティールがあります。色はネイビー。f:id:takabosejp:20201228164219j:plain

まず袖口のテープ。本家のようなロゴは入ってません。f:id:takabosejp:20201228163354j:plain

そして脇下のベンチレーションホールもちゃんとあります。
縫い目にテープが張られていて見た目もゴム引きっぽいですが、このテープが功を奏しているのかコート自体にハリが出て、パリパリっとしたゴム引きっぽさを演出しています。ライナーは付いていないので厳しい寒さには向きませんが春先まで着られそうです。※もともと春モデルって店員さんが言っていたような。f:id:takabosejp:20201228163335j:plain


続いてマフラーです。
本当はジョンストンズのストールが欲しいのだけど高くて手が出ない!

私はタータンチェックが好きで、ブラックウォッチかドレスゴードンを狙ってたんですが、トラディショナルウェザーウェアにはブラックウォッチのマフラーはあるけどストールが無く、ドレスゴードンはマフラーもストールも無し。
悩んだ挙句、ジョンストンズの3分の1の価格で購入できるトラディショナルウェザーウェアのマフラー(ブラックウォッチ)を買いました。f:id:takabosejp:20201228143929j:plain

ウール90%/カシミア10%ですが、まさかのメイドインスコットランドでした。
SELBYは中国製だったので店員さんに思わず「一応スコットランド製なんですね!」と言ってしまい、「一応・・・そうです。。。。」と微妙な空気に。。。

さすがに肌触りはカシミア100%には勝てませんがそれなりに暖かいです。でもウール90%なのでちょっとチクチクします。f:id:takabosejp:20201228162933j:plain

ブラックウォッチはどんなコートやジャケットにも合うデザインですよね。
アクアスキュータムのベージュのトレンチにも合うし、バックラッシュのライダースにも合う。でも最終的にはジョンストンズのドレスゴードンが欲しいのだ。f:id:takabosejp:20201228143936j:plain

 

【番外編】AVIREXのジャンプスーツ

最後に番外編。別に買ってよかったものではありません。
ほぼ勢いだけで買ったCWU27-Pジャンプスーツ。そもそも映画トップガンの新作が公開されるからとAVIREXがコラボして販売されたアイテム。その後映画は延期。
割とホンモノに近い感じだったので買っても絶対着ないと思いつつ買ってしまった。米軍基地に行けないフラストレーションがここで出た。f:id:takabosejp:20201228232045j:plain

購入して早速パッチを厚木基地仕様に。8月に買って2020年12月現在未着用。f:id:takabosejp:20201228232049j:plain


以上、2020年に買ってよかったもの5選+番外編でした。
アパレル系ばっかり。うーん、、、かなりアニ散歩と干場編集長に影響を受けている。。。YOUTUBEの影響ってすごい。

逆に2019年に買った500mmの単焦点レンズやコンデジ、ミステリーランチのASAPはまったく出番が無かった1年だった。。。

 

【経年変化】ISAMU KATAYAMA BACKLASH ダブルライダースジャケット【5年目】

買って5年!BACKLASH ダブルライダースジャケット

今回は5年前に購入したライダースジャケットについて書いていきます。
いつものように購入した経緯や、5年経過しての変化など。 

Rockといえばレザージャケット

ロックといえばレザージャケットですよね。逆もしかり。洋楽を聴いていると雑誌やらでライダースを着こなしているミュージシャンをよく見ます。これがきっかけでレザージャケットに憧れをもったといっても過言ではありません。

てなわけで私が好きな「レザージャケットが似合う」ミュージシャンをご紹介。

まずはストロークスのジュリアンカサブランカス。
結構派手なレザージャケットを着てる事が多い気がします。でもイケメンなのでなんでも似合います。

f:id:takabosejp:20201130224335p:plain

https://rollingstoneindia.com/julian-casablancas-radical-reinvention/

 

続いてアークティックモンキーズのアレックスターナー
2011年フジロックのステージで着ていたライダースは日本のブランドであるADDICT CLOTHESとのこと。シンプルなシングルライダースです。

f:id:takabosejp:20201130224932p:plain

http://fujirockexpress.net/11/2327.html


そしてプロディジーのリアムハウレット。
缶バッジがPOPな印象を与えてますね。ひし形のステッチがカッコ良い。襟が少し変わった形をしてます。

f:id:takabosejp:20201130225813p:plain

https://www.pinterest.se/pin/479774166524999090/

以上、レザージャケットが似合う好きなアーティスト3名でした。まぁ欧米人なんて何を着せても様になりますから。でも着こなしは参考になりますね。こうやってサラッとレザージャケットを着こなしてみたかったのです。

買ったのはISAMU KATAYAMA BACKLASH

たくさん種類のあるレザージャケットですが、買おうと思ったのはロンジャンです。
アメジャンはゴワゴワしてて太めでハーレーに乗ってる人がよく着ている印象。
ロンジャンはタイトでラモーンズのようなパンクロッカーが着ている印象。

上のリアムハウレットのようにタイトに着たかったのでロンジャン一択です。
いろいろとネットを見て候補にしたのはルイスレザー、BACKLASH、ADDICT CLOTHESの3ブランド。

ルイスレザーは王道中の王道だけどディティールが好きになれず、私にはクラシックすぎると感じました。(クラシックこそがルイスレザーの真骨頂なのでしょうけど)


ADDICT CLOTHESは単純に着丈や袖丈が体型に合わなかった。
試着した瞬間に違うなと思いました。


BACKLASHこそ最初はなんかテカテカ&ウネウネしてビジュアル系バンドが着てそうだなーという印象しかなかったのですが、試着して一番しっくり着たのがBACKLASHだったし、実際着てみたらテカテカ&ウネウネがむしろ良い感じにしか思えなかったので即決しました。 

買ってすぐのBACKLASH

5年前、買ったばかりのイタリアンショルダー製品染めダブルライダースです。
シングルかダブルか迷いましたがダブルを選択。サイズはLです。
色はミッドナイトブラック。お店に行った当時、ブラックは店頭に無く店員さんから「今年からの新色ですよ」と紹介されたのがこのミッドナイトブラックでした。

買った当時の写真はこれだけ。画質悪い。f:id:takabosejp:20201201235357j:plain

ブラックと比べたわけでは無いので、色の違いは分かりません。ミッドナイトブラックも十分黒です。違いといえば縫製糸が青い事と、ファスナーがキラキラしたシルバーでブラックより明るいことですかね。

5年目のBACKLASH

買って5年経過したBACKLASH。ちゃんとデジカメで撮りました。
一番わかりやすいのは腕ですね。皺も入って腕の形になっています。

ごちゃごちゃした装飾が入っているのが好きではなかったので、このシンプルなイタリアンショルダーのデザインが気に入っています。f:id:takabosejp:20201206232413j:plain

5年経てばもっと皺が入るかなと思っていましたが、よく考えると11月~3月で土日しか着ないのでこんなものかなと。結構大事に着てます笑。ちなみに手入れはまったくしてません。f:id:takabosejp:20201206232417j:plain

肩の部分。縫製糸が青いですね。f:id:takabosejp:20201206232419j:plain

ririという高級ファスナーです。スイスのメーカーらしい。f:id:takabosejp:20201206232427j:plain

私はタイトに着たい派なので裏地は取り外してます。インナーはほぼTシャツorロンT1枚のみ。パーカーの上に着たりしたら腕がパンパンです。

BACKLASHを着てみて

BACKLASHを着てセレクトショップに行くと、店員さんから「めっちゃ良い革ジャンですね!どこのですか?」とよく言われます。でも「バックラッシュっていうブランドです」って言って知っていた店員さんはいません。
知名度としては今ひとつなんでしょう。休日に外に出歩いてもバックラッシュを着ている人を見たことがありませんし。

とは言っても革の質感は他に無いと思います。革に対して目が肥えているわけではありませんが、バックラッシュを所有しているとそこら辺のレザージャケットがチープに見えます。そのくらいの所有感もバックラッシュにはあると感じます。

BACKLASH今のところ人生で買った中で一番高い服です。(アクアスキュータムも同じ値段だけどアクアスキュータムはセールで買ったので。。。)

たぶんこれからの人生であと一着買うか買わないかでしょうね。次もレザージャケットを買うなら間違いなくBACKLASHにすると思います。それくらい良いジャケットです。